タイトル

ワインの原料であるブドウについて

ワインは人類が発見した宝物です。遠い昔、発酵したブドウを食べた人が、たまたま良い気分になった…など由来については諸説あるようですが、紀元前の昔からワインが飲まれていたという記録が残っています。その原料となるのはブドウです。現在では様々な種類のブドウが栽培できるため、さらにワインの種類を多くしています。世界的に有名な産地といえば、やはりフランスやイタリアなどが挙げられ、日本でも山梨県で多く造られていますが、これらの土地に共通していることは、豊かなブドウ畑が広がっているということです。原料となるブドウは、あまり栄養価の高い肥沃な土地では育たず、水はけの良い痩せた土地でなければなりません。また気温や日照時間も大きく関係しており、これらの条件を満たした場所が、原料であるブドウ栽培に適した場所と言えます。よく赤ブドウから赤ワインが、白ブドウから白ワインが造られていると思われがちですが、それは違います。皮と実を分離する行程で、長い間皮に触れていれば赤、すぐに分離させてしまえば白になるというわけです。 これからますます種類が増えていくワイン…自分のお気に入りを見つけて、楽しんでみてはいかがでしょうか。

初心者でも怖くないワイン

ワインは果実酒の一種で、ヨーロッパを中心に世界で広く飲まれているアルコール飲料です。主に赤・白・ロゼの3種に分かれますが、これら以外にも発泡性(スパークリング)等の種類も存在しています。最近は日本でも広く飲まれるようになってきましたが、まだまだ「高いもの」「難しいもの」という印象から敬遠する人も多いのが現状です。
しかし実際には、ニューワールド(近代以降になってワイン醸造を始めた国々)産を中心に、安くかつ美味しい銘柄も多く市場に出回っています。初心者が好みに合う銘柄を見つけるにあたって重要な点は、「自分の好みを把握すること」「信頼できる店を見つけること」の2点です。
まず前者について、ワインには風味によってさまざまな形容がつけられています。「重い」「軽い」、「酸味」「甘味」「渋味」の強弱、といった要素です。自分が飲んで美味しいと思ったものがどのような言葉で形容されていたかを覚えておき、信頼できるショップのスタッフに相談すれば、同じような風味のものを提供してくれるでしょう。
また価格については、長期間熟成されたものほど高くなりますが、長期間熟成されたものが必ずしも好みに合うとは限りません。むしろ初心者には、熟成の進んでいない果実味のあるもののほうが口に合うことも多いのです。
こちらについても、信頼できるショップで「初心者向け」の1本を選んでもらうのが確実です。無数の銘柄が存在する奥の深い世界だけに、信頼できるアドバイザーを見つけることが入口として重要です。

おすすめWEBサイト 5選

ウェディングドレスの販売・オーダー専門店【Kind】

http://www.kind-pr.co.jp/

バンドヒーター

http://www.aiseidennetu.co.jp/

大阪の婚活パーティー情報

http://www.royal-party.com/

探偵 大阪

http://tubest.co.jp/

ブライダルエステ 大阪

http://www.pariskayak.net/area/osaka/

最終更新日:2014/10/30